つり情報の定期購読・年間購読はメチャ損しているかもしれない!?

沖釣り情報誌「つり情報」を定期購読したり、年間購読している方はメチャ損しているかもしれないというお話です。つり情報の定期購読の値段を調べていて衝撃の事実がわかりました。

株式会社つり情報社で定期購読

つり情報は公式ホームページの「株式会社つり情報社」で定期購読を申し込むことができます。”新”感謝キャンペーンを行っていて、1年間定期購読すると2冊分の料金がサービスに、半年間定期購読すると1冊分の料金がサービスになります。

株式会社つり情報社で定期購読

http://tj-web.jp/

定期購読すると価格は1年間(24号分)が15,600円のところ14,300円に、半年間(12号分)が7,800円のところ7,150円になります。送料は株式会社つり情報社が負担してくれます。

次に雑誌の定期購読でおなじみのFujisanの価格を見てみます。

Fujisanで定期購読

Fujisanでつり情報を定期購読すると最大で8%OFFになり、1冊596円で購入することができます。

つり情報 8%OFF | 辰巳出版 | 雑誌/定期購読の予約はFujisan

https://www.fujisan.co.jp/

定期購読のプランは月払いと6か月、1年があります。価格は月払いが650円(税込)、6ヶ月(12冊)が7,150円、1年(24冊)が14,300円(税込)です。6ヶ月か1年の定期購読をすれば最大8%OFFとなり、1冊596円まで安くなります。送料は無料なので、6ヶ月か1年の定期購読の場合は株式会社つり情報社の定期購読と価格は変わらないことになります。

しかし、Fujisanで初めて購入する場合は、5,000円以上の注文で500円割引になるギフト券があるんです。

Fujisan.co.jpで初めて購入する場合は、5,000円以上の注文で500円割引

つまり、株式会社つり情報社より500円安く定期購読することができます。Fujisanでは不定期ですがキャンペーンを行っているので今すぐチェックしてみてください。以下をクリックするとFujisanのつり情報のページに移動できます。

つり情報 8%OFF | 辰巳出版 | 雑誌/定期購読の予約はFujisan

つり情報 8%OFF | 辰巳出版 | 雑誌/定期購読の予約はFujisan

なお、辰巳出版ではつり情報の定期購読の申し込みはできませんでした。

辰巳出版ではつり情報の定期購読の申し込みはできませんでした

http://www.tg-net.co.jp/

楽天市場の三省堂書店で定期購読

つり情報は楽天市場の三省堂書店というお店でも定期購読できることがわかりました。年間購読のみなのですが、価格を見てびっくりです。いくらポイントが3倍で540ポイントついたとしても、送料5,040円が含まれているとしても、この価格で年間購読する気にはなれませんね。

【年間購読】つり情報

楽天ポイントが数百万ポイントくらいあって、ポイントを消化しきれないというのであれば、「三省堂書店」で年間購読というのもわからなくはないですが、それでももっといいポイントの使い道があると思うんです。

あと、楽天市場の三省堂書店のほかにビューティガレージというサイトでつり情報の年間24冊分の定期購読を見つけたのですが、これもめちゃ高いので却下ですね。

そして、見つけたのがこちら。定期購読・年間購読はメチャ損しているかもしれない件です。

楽天マガジンでつり情報を読み放題

楽天マガジンは月額380円で500誌以上の雑誌が読み放題になるサービスです。月額380円ってことは、この時点でつり情報を安く読めるってことです。年額のプランだと960円も安くなって3,600円で釣り情報が読めるんです。

楽天マガジンはネットの読み放題なので紙の雑誌ではないのですが、パソコンはもちろんスマホやタブレットでも読むことができます。つまり、ネットにつながっていればいつでもどこでもつり情報を読めるんです。しかもバックナンバーも読めるので、スマホ1台で何冊ものつり情報を持ち歩いていることになるんです。

あと、ちゃんと読んだ方は気づいていると思うんですが、楽天マガジンは500誌以上の雑誌が読み放題です。つり情報以外の雑誌も読めて年間3,600円とかめちゃくちゃ安いですよね。紙の雑誌だと年間購読に14,300円もかかるので、半額?いやいや4分の1の値段で読めることになります。

しかも、楽天マガジンは31日間は0円で試せるので「やっぱり、紙の雑誌がいいな」という場合は、解約すればお金はかかりません。

私のおすすめの利用方法は楽天マガジンで読み放題しつつ、どうしても欲しい場合は紙の雑誌を購入ですね。これだけでも年間購読の14,300円以下に抑えることは十分可能です。奥さんやお子さんも雑誌を読んでいるとしたら楽天マガジンは鉄板ですね。これだけでかなり節約できますから。

楽天マガジンのもっとお得な情報を見つける!

タイトルとURLをコピーしました